スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

「ある」を意識して見た週末、気持ちの変化

こんにちは、スローリーです。


自己紹介は はじめに をごらんください。

主治医との出会い・病気の詳細はこちらをごらんください。

 

f:id:slowly-happy:20190228152135j:plain

この写真好きです(フリー素材サイトより)

 

*****

 

先日、心に変化がありました。

この記事、読んでいただいてありがとうございました。

(違う色の☆までいただいて、びっくりです。感謝です。これから頑張っていこう!と励みになりました)

www.slowlypace.com

 

あれから、少し不安定になっていました。

揺れたぶん、仕方がないかな、と思ってのんびり過ごしています。

 

ふと。

本当に、ふと。

 

私は、ないものより、「ある」を見れているんだろうか?

と考えました。

 

例えば体調。

大幅な不調な日を除けば、外出できるし、今は友達と予定を入れることもできる。

通院の回数も減ったし、元気になった。

全体を見れば、不調の部分は少ないはずなのに、

ふと気付けば、不調の部分を「超」気にしている私。

 

身体のことだから、仕方がないのかな?

いや、全体的にそういう癖がついているかもしれない。

 

自分を観察してみました。

 

例えば。

今住む家は、前の家よりもずっと快適なはず。

なのに、掃除がしにくい部分とか、

ちょっとしたことに不満を感じている私を発見。

 

なんか、違うんじゃないかな。

 

その後もそんなことが続いて、自分にがっかりしました。

 

全てに不満を感じるわけではないけれど

ちょこちょこ些細なことに、不満を持っていた私を見つけました。

 

向上心のある不満だったらきっと、

「これもいい、これもいい、ここはもっと〇〇だったらいいな」

となるのではないだろうか。

 

私の場合は、「ある」を認識せず、ただ不満を感じるだけで

ネガティブじゃないかな、と。

 

たくさんの「ある」より、小さな「ない」の存在を大きくしている…。

がっかりです。

 

週末は集中的に「ある」を探してみました。

今まで見えていなかった「ある」「いい部分」がたくさん見つかって

その中で出てくる小さな不満は、率先して「改善しよう」

と、前向きな姿勢に変わりました。

前に感じていた、小さな不満とは大違いです。

些細なことは、気にならないものの方が多かったです。

 

何よりも、全てに対して、とてもありがたい気持ちになりました。

 

たった数日でも違うのだから、

これが習慣になったら、毎日がすごく満たされるだろうな、と感じました。

 

↓この時、今年の抱負にしていたんですね、

「良いことに目を向ける一年にします」と!

良かった、まだ今年はたくさんあります。

www.slowlypace.com

 

↓最近教わったばかりなのに。

www.slowlypace.com

 

忘れっぽい私、また忘れるかもしれないけど

繰り返し、時々チェックしようと思います。

 

「ある」を見つめつつ

心身が安定するまで、もう少しのんびり過ごします。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました(*^-^*)