スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

「『出す』って大事です」と言われ続けて変化した心身。

こんばんは、スローリーです。


自己紹介は はじめに をごらんください。 

f:id:slowly-happy:20190122183736j:plain

今日は漢方の日でした。


帰宅して、ログインしてびっくりです。

 

「お知らせ」の件数がすごいことになっていたので、何かまずいことでも書いてしまったのかな、と不安になりました。

でも実はそうではなく、いつもお邪魔しているブログのlunaさんが、当ブログを紹介してくださったのでした。

しかもとっても素敵に!(lunaさん、ありがとうございます!)

luna117.hatenablog.com

ご縁をいただいて、読者登録してくださった方もいらっしゃるようで、本当にありがとうございます。

 

lunaさんのブログは、思わず笑ってしまう楽しいお話あり、じーんと胸打たれるお話あり、いつも元気をもらったり、温かい言葉に励まされています。

ご縁に感謝です!

とっても素敵なブログです☆

トップページ貼らせていただきます♪

luna117.hatenablog.com

 (リンクはご了解いただいています)

 

ブログを始めて1か月半ほどです。

まだわからないことがたくさんあります。

そして名前の通りのんびり屋です。

マイペースなブログですが、良かったら今後も遊びに来てくださいね。

 

初めましての方も、いつも読んでくださっている方も、

これからもどうぞよろしくお願いいたします(*^-^*)

 

*****

 

最初にお話したように、今日は漢方相談の日でした。

どうも私は「出す」ことが下手なようで、何でも溜めてしまいがち…

 

それをよく表しているのが、卵巣嚢腫。

上手に出せず、留めてしまうようです。

もちろん他にも原因はありますが、先生いわく

「全てにおいて出すことが下手」。

 

通い始めた時から、

 

「『出す』って大事です。

 まずは感情を出しましょう。」

 

と言われてきました。

 

思ったことを出す。とても苦手です。

 

」の感情は、特に苦手。

自分の中で、無かったことにしてしまう癖がついています。

自分で本音がわからず、本音を隠して生きてきたようです。

繰り返し「出す」練習をするうちに、今では前より上手に本音を出せるようになりました。

(感情を無理に外側に出さなくてもいいんです。自分で自分の本音に気付いてあげるだけでも…)

 

「感情も、身体の中の出すべきものも、声も、涙も、

 「出す」って

 とってもとっても大事です。

 まずは泣きましょうか。

 泣ける映画でも見て、泣きましょう。

 出す、入れる、巡らせる。

 バランスが整えば、心も身体も安定してくると思います。」

 

そう言われて数年。

気付けば感情表現も、身体の中の出すべきものも、ずいぶん上手に出せるようになっていました。

 

卵巣嚢腫も昨年の手術以降、異常なし。

以前よりも心が軽く、楽に生きられるようになりました。

巡りがよくなったおかげで、辛かった冷えも解消されてきました。

 

コツコツ積み重ねてきた、先生との治療。

心と体がつながっていることを、実感するこの頃…。

元気になって漢方治療を卒業することが、大きな目標です。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、また(*^-^*)