スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

「出会ってくれてありがとう」私の人生を変えた主治医

こんにちは、スローリーです。


自己紹介は はじめに をごらんください。

 f:id:slowly-happy:20190201163534j:plain

少し散歩に出ました。

 

 

今日は、ネガティブな内容です。

遠回しにお話するつもりですが、

特に過去にトラウマをお持ちの方、共感力の強い方、心の調子が優れない方は、ご注意ください。

不快に感じたら、すみません。画面を閉じてください。

 

今まで何度か「過去と向き合った」などと書いてきましたが

今の私に欠かせない部分なので、少しお話してみようと思います。

漢方薬局との出会いはこちら

www.slowlypace.com

 

目次

 

出会ってくれてありがとう

 

現在の漢方薬局に通って3回目あたりの相談日、先生は私に対して

心に何か大きなものを抱えているな」と感じたのだそうです。

そんなことは全く知らなかった私は、毎回普通に先生と雑談をし、

体調の話をし、漢方薬をいただいて帰っていました。

 

どうして過去の話にいきついたのか覚えていませんが、

ある時から、次々と過去の嫌な記憶がよみがえるようになりました。

大人になるまで忘れていたり、何となく嫌だったな、と思う程度だった記憶が、

とても鮮明に、どんどん出てきて苦しくなりました。

フラッシュバック というのだそうです。

 

先生に話せることは話し、口に出せないことは、手紙に書きました。

一時期、声も出なくなってしまい、手紙が主になりました。

 

物心がついた時からずっと、

親から、今ニュースなどで取り上げられていることと同じことを、私も受けていました。

また、身内から、女子であるがゆえに、ずいぶん傷つくことをされました。

今なら、絶対に罰せられます。

 

何故か記憶から抜け落ちていて、若干残っていても、ずっと遠くのほうにぼんやりしか残っていなかったので、

うちはちょっと厳しかっただけなんだな、程度に思っていました。

 

主治医に

「よく生きていてくれた。出会ってくれてありがとう。」

と言われた時に、

育った環境が、いかに異常だったのかがよくわかりました。

 

今ふり返ると、雑談の中から、私自身が気付いていない、私の心をよく見抜いたと驚いていますが、同時に感謝しています。

 

治療について

 

私の「当たり前」が、異常だったと知ってから、数年かかって自分を取り戻しています。

 

身内との関係は切り離しました。

しばらくは罪悪感で苦しかったですが、そうしないと生きていけないと思いました。

あまり詳しくは書けませんが、それでよかったと、今は思います。

 

治療を受けたというよりも、

心や頭の中の交通整理と、明るい方に出るナビをしていただいた、という感じです。

本当にたくさんの言葉に助けられ、支えられてきました。

 

 

時には混乱しながら、一歩ずつ進んでいたら

いつの間にか、生きることが楽になっていました。

そのうち、再発を疑った線維筋痛症の症状も、楽になっていました。

 

「患う」について思う

 

」という字を見て、

串が心に刺さって痛々しいな、と思ったことがあります。

 

もしかしたら、私も心に串が刺さって、色々なところを患っていたのかな。

先生とカウンセリングを重ね、漢方薬で内側からバランスを整えてもらううちに

ひとつずつ串が抜けて

本来の自分の心が取り戻せてきたのかな、と思っています。

 

過去について思うこと

 

今は、思い出しても

複雑な気持ちはありますが、誰かを悪く思うことは、なくなりました。

  

過去はどうやっても変えられないし、ちょっと気が付くのが遅かったけれど

先生や、支えてくれる夫のおかげで、心身共に楽になってきました。

だからこの先を、過去に悩むことで無駄にしたくない。

過去のぶんまで、取り戻すように今を生きたい。

この先の時間は、夫と人生を楽しむことだけに使いたい。

そう思えるようになりました。

 

調子の悪い時は、過去を思い出したり、ちょっと苦しくなったりしますが、

きっとまた串が抜ければ楽になる。

そう思っています。

 

「明日」に明るい希望を持てるようになった今が、

とても幸せです。

 

「出会ってくれてありがとう」

私の方こそ、ありがとうございます。

誰が抜けても出会えなかった先生です。

全ての出会いに感謝しています。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。