スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

初めての羊毛フェルトと、握力について

こんにちは、スローリーです。


自己紹介は はじめに をごらんください。

主治医との出会い・病気の詳細はこちらをごらんください。

 

*****

 

長いことかかって完成した、羊毛フェルトのわんこ。

今日は、完成までをお話します。

 

羊毛フェルトを始めるにあたっての不安点

 

羊毛フェルトに踏み出す前に、不安点がありました。

現在の体調について、少しお話させてくださいね。

 

握力が一定せず、日によっても、時間によっても変化します。

線維筋痛症を経験してからずっと、握力・腕力はとても弱くなり

治った今でも、軽い物もつかめず落としてしまうことがあります。

継続して同じ作業ができず、例えばペンを持ち続けていると痛みが出たり

力が抜けて書けなくなったり など

思うように動かないことが多いです。

(足も同様です)

 

また、体調によっては、目が水平に動いてしまい

一点を見つめることができず、見つめようとすると酔ってしまいます。

 

漢方治療を始めてから、少しずつ改善していますが、

もう少し時間が必要かなぁ、と感じています。

このままだとしても、仲良く付き合っていこうと、心から受け入れたのはこの時です。

www.slowlypace.com

 

おこもり中に私が楽しむことは、

塗り絵、スクラッチ画、手芸、手紙を書く など

手や目を使った細かい作業が殆どです。

 

羊毛フェルトは、ずっと気になっていましたが

使用するのは、ニードル。

鋭利なものを刺し続けるので、不安がありました。

f:id:slowly-happy:20190603160811j:plain

 

羊毛フェルトにチャレンジしてみよう!

 

きっかけは、モカリーナさんのブログ。

ご存じの方ばかりとは思いますが、とても丁寧で温かな作品がいっぱいです(*^▽^*)

羊毛フェルトの作品もたくさん拝見しているうちに

「私も作ってみたい!」

という気持ちがむくむくと湧いてきました。

 

私なりのペースで、とにかく楽しんでみよう。

そう思って、教わった材料を200円で購入。

↓こちらで紹介されている100円ショップの材料2つで、気軽に始められました。

www.mocharina.com

(勝手に載せました、モカリーナさん、お許しを(>人<))

 

イージー」の表示を鵜呑みにして、わんこのキットと、

f:id:slowly-happy:20190208152433j:plain

初心者向けの本を購入し、始めてみることにしました。

これ買いました。

フェルトの扱い方、刺し方など初歩的なことも写真付きで載っていて、わかりやすかったです。

 

快適に続けるペースを見つける

 

フワフワしたフェルトを左手で固定し、右手で持ったニードルで刺す。

つまむ力も不安定なので、何度も指を刺しました(笑)

刺した後は地味に痛いです。

でも、楽しくて楽しくて、何とか工夫して完成させよう!と思いました。

 

私が決めたルールは

・体調不良の時は、触らない。

 →握力が不安定になるため。

・一点を見つめられない時も、触らない。

 →よそ見をすると、危険なので。

・ゆっくり刺す。

・ちょこちょこ休憩を入れ、長時間同じ作業を続けない。

 

楽しいと続けたいし、なかなかルール通りにはいかなかったけれど

この4つは守るようにしました。

 

私の場合は、「ペン持ち」の手の形だと継続して作業ができないので

上から握って使えるニードルホルダーが、とても使いやすかったです。

f:id:slowly-happy:20190603160600j:plain

(もっと上から包み込むように握りました)

握る力が安定します。

狙ったところを刺し続けることができました。

 

これから改善したいこと

 

抑える左手です。

羊毛フェルトを丸める時、スタートの部分は「かためにしっかり巻く」

と書いてあるのですが、力が足りないのか、刺している間に開いてしまいました。

腕全体に力を入れて抑え、ゆっくり刺す…だと継続して固定するのが難しいので

どうにか指先だけで安定して抑える方法を見つけていこうと思っています。

 

それから、もう少し長い時間、継続して作りたいです。

自分でも無理をしているな、と気付いた時には

その後右手がストライキを起こし、ごはんを作れなくなってしまうことが

何度かありました💦

もうちょっと握力がつくように、

主治医に教わった「握って開く」を繰り返しています。

(握って開く、それだけです。それでも続けると痛みが出るので、先は長いなぁと感じます)

 

完成写真

 

 ごまかしのきく角度
f:id:slowly-happy:20190522161229j:plain

f:id:slowly-happy:20190603162437j:plain

 

正面から。鼻が長いですね。

f:id:slowly-happy:20190603162509j:plain

f:id:slowly-happy:20190603162519j:plain

 

ナイスバデー

f:id:slowly-happy:20190603162626j:plain

f:id:slowly-happy:20190603162648j:plain

 

首の巻き巻きが見えますね。
f:id:slowly-happy:20190603162726j:plain

f:id:slowly-happy:20190603162907j:plain

↑ボンドで汚れてます

 

上から。
f:id:slowly-happy:20190603163026j:plain

f:id:slowly-happy:20190603163039j:plain

でも満足。

 

作ってみての感想

 

とにかく楽しかったです!

わんこはパーツがたくさんあって、顔や足などバランスが難しいな、と思いました。

パーツの接続がとても難しく、境目を自然にするなんて、遠い道のりに感じます。

型紙通りの大きさに作ることも、とても難しかったです。

大きいわんこになりました。

 

ひと針刺すごとに形になっていく羊毛フェルトは、他の手芸とはまた違った楽しさがありますね。

 

新しいおこもりの楽しみが増えて、とっても嬉しいです(^^♪

先日、ユザワヤでこちらのキットを発見しました。

f:id:slowly-happy:20190603164411j:plain

丸める、ハート型、パーツを繋げるなど、基本的な練習ができそうです♪

時々、経過を載せようと思います。 

 

 

モカリーナさん、ありがとうございました(*^▽^*)

 

素敵な作品を経由してお帰りください☆

www.mocharina.com