スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

「『なるほど』と一旦まるごと受け入れる」自分が楽になるために

こんにちは、スローリーです。


自己紹介は はじめに をごらんください。

主治医との出会い・病気の詳細はこちらをごらんください。

 

f:id:slowly-happy:20190210211739j:plain

日々妄想中( *´艸`) 

 

 

当時の私

 

 

自分の思いより、相手を優先する癖がついていて

無意識に相手の望む答えを口に出していました。

そうかと思えば、夫とは衝突したり、自分がよくわかりませんでした。

 

せめてカウンセリングでは、本音を出し、自分の思いに気付いて欲しい。

そのためには、相手を考えずに自分が思うままに口に出す練習が必要だ、

と先生。

 

いや、でも、さすがに先生に全てをぶつけるなんて…

と思っていた時に先生から。

 

「なるほど」と受け入れるから大丈夫です

 

「私は、患者さんの全ての言葉を、『なるほど』と思い、まるごと受け入れます。

 たとえ、それが(先生に対して)どんなに否定的なものだとしても

 患者さんの言葉は、全て受け入れます。

 どんなにひどい言葉でも、大丈夫、だから出しましょう。」

 

聞いた私が「なるほど」でした。

それから少しずつ何でも話せるようになってきました。

 

その後しばらくして、

夫との会話中に衝突するか、極端に抑える自分に困る、と相談した時

「『なるほど』と一旦まるごと受け入れると、自分が楽にいられますよ」

と教わりました。

  

すぐ実践しました。

夫婦の会話が中心になりますが、

やってみると、本当に自分が楽になると感じます。

 

まるごと受け入れてみた結果

  

夫との会話で「なるほどね」「それもそうね」と口に出すと

一歩引いて冷静になれました。

また、相手の考えを尊重する余裕も生まれました。

余裕が生まれると、自分の気持ちを抑えることなく

「私はこう思うけど、あなたはそう思うのね」と

お互いの気持ちを尊重できるようになりました。

 

特に夫と意見が違う時、自分の考えを押し通したくなる時に有効です。

 

相手も「受け入れてもらえた」と、少し冷静になれるので

お互いに嫌なエネルギーを使うことなく、穏やかに話ができます✨

 

衝突しなくても、逆に自分を抑えなくても話し合いはできるのに

これまでは何だったんだろう…と思ってしまいます。

 

www.slowlypace.com

↑こちらの影響も大きいですが

お互いを尊重できるようになったおかげで

意見の違う会話も楽しくなり

私と正反対の夫の考えを聞くことを、興味深く感じるこの頃です。

 

「一旦まるごと受け入れる」

いつでも誰にでも…は難しいかもしれませんが

自然にできたら、人間関係がより円滑になりますね。

  

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^-^*)