スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

過去が変わった大きな出来事

こんにちは、スローリーです。


自己紹介は はじめに をごらんください。

主治医との出会い・病気の詳細はこちらをごらんください。

 

f:id:slowly-happy:20190527142413j:plain

 

過去が変わるなんて、思ってもみませんでした。

変わることってあるんですね!

今日は長いですが、良かったらお付き合いください。

 

*****

 

私はずっと「自分で選んで(親とか環境とか)生まれてきた

という表現が嫌いでした。

辛いこと山盛りで、病気もたくさんして、

選ぶわけない!って。

 

でも、最近よくこの言葉を思い出すようになってきて

なんでだろう?どうして気になるんだろう?

と思っていました。

 

ちょうどその時、lunaさんのこちらの記事を読んで

luna117.hatenablog.com

 

わたし達は皆、自分で選んでここにきたの

偶然じゃない

運命なんかでもない

 

(記事より)

この部分で ボロ泣き。 

何度もブログにお邪魔しました。

(すごく感動しました。記事の本、絶対に読もう!と思っています)

 

この時をきっかけに、一気に色んな過去がよみがえってきて

連動するように、主治医や夫の言葉、ミッションの数々、

たくさんの方のブログの言葉や、コメントを思い出し

点と点が線になるようにつながって

「あー!そうだったのねーー!!!」という気付きがいっぱい。

普段動いていない脳内が、とても忙しくなりました。

(ボキャブラリーが少ないので、うまく表現できず、もどかしいです!)

 

今でも毎日、降ってくるように

「あの時の〇〇は、こういう意味なのね!」と気付きがあります。

 

自分で選んで生まれてきた証拠なんてどこにもないけれど

もし、そうだとしたら…と想像して得た気付きのおかげで

今まで出逢った言葉も

腑に落ちました。

「常にその時の最善だった。」とか

「全てのことに意味がある」とか。

 

そして、過去も、たぶん未来も今も

ガラリと変わりました。

 

私の過去について、少し説明しますね。

 

これまで親との間で、たくさんのしんどいことがあって、

正直生きていることが嫌になったこともあって、

先日ようやく親を許せたのですが

やっぱり「辛かった経験」は、「辛かったこと」として残っています。

客観的に見た主治医も「よく生きてこれた」と言っていたので

冷静に考えても、やっぱり苦しかったよね~と、今も思います。

 

でも、もし「私が選んだ」のだとしたら

一体、何のためにこの家族を選んだのだろう。

辛い経験から、私は何を得たのだろう。

そう考えた時、

 

もしかしたら親は、私の年齢分の時間を使って、

 私に大事なことを教える、嫌な役割だったのかもしれない

私を通して、親自身も何かを学んでいるのかもしれない

私が選んだなら、必然なら、全て経験することになっていたのだろうな

だったら全てが最善だったんだろうな

 

私の人生、学び多き素晴らしいものなんじゃないかな?

と、気持ちが変化してきました。

 

私が選んだのなら、親もきょうだいも、みんな選んで生まれてきた。

だとしたら、私も親もきょうだいも、みんな共に学ぶ「仲間」なのかも。

 

そこまで考えた時に

危うく親を「毒」にするところだった!と、ハッとしました。

毒にすればいつまでも苦しいだけですが、薬にすればいつかは楽になる。

良薬は口に苦し と言うし、

しんどい治療の後に、回復して喜びが倍増したから

苦しい経験こそ、成長させてくれるのかもしれない。

(きっと「良薬…」の使い方合ってないと思うけど)

 

今の私にはまだ時間が必要だけれど、

いつか、お互いに一番いいタイミングで会い、分かり合える日が来るかもしれません。

「いつか」は神様に任せ、会える日まで自分自身を成長させておこうと思います。

わだかまりなく会えるように。

「おかげで成長できたよ、ありがとう」と清々しく、胸を張って言えるように。

 

病気にも感謝しています。

残っている症状とか、体調不良、色々あるけれど

共に歩もう、受け入れて大事にしよう、

という気持ちに変化しました。

 

それから心が楽になりました。

本当に、晴れやかな気持ちになりました。

 

(※念のためにお話しますが…

 これは、私が楽になった考え方のひとつ として読んでいただけたらありがたいです。

 決して、私と同様の経験をした方にも、過去の経験に対する考え方を変えたら楽になるよ、というものではなく、

 もちろん、辛い経験があってよかったよね、という話でもありません。

 辛いことは、無い方がいいに決まっています。その気持ちはずっと変わらないですし

 この世からなくなってほしいと心から願っています。)

 

私は私で良かった。

過去と、出逢った人たち、当時の私に心の底から感謝しました。

 

 

辛かった過去を「いいこと」までは思えなくても、

学びにすれば財産になる。

出来事は変わらないからどうしようもないけれど

出来事の意味がわからないものも、まだあるけれど

それは「いつかわかる」だから神様に預けておくことにします。

 

やっぱりこれ↓↓が私にはとても大事。

「良かったことだけ記憶しよう」良かったこと日記のススメ

「欠けているものより 今あるものに目を向けよう」今が幸せになる言葉

「自分で出した答えは、全て正解。」

  

これから、どんな未来が待っているのか、楽しみです。

 

*****

 

ここまで気持ちが変わったのも、ブログで思いを吐き出せていたからです。

たくさんの方の、温かなお心遣いに、いつも励まされていたからです。

  

本当にありがとうございます。

 

いつも読んでくださるみなさんに感謝です。

勝手に載せてしまったlunaさんに感謝です。

(ステキな記事の内容と違う話になってしまい、ごめんなさい💦) 

 

これからは、毎日をちょっと楽しく、心軽やかに過ごしていきます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。