スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

「神様は 側にいる」と感じた日

こんにちは、スローリーです。


自己紹介は はじめに をごらんください。

主治医との出会い・病気の詳細はこちらをごらんください。

 

f:id:slowly-happy:20190304133918j:plain

散歩中に。うきうきのピンク色。

 

心を整えた金曜日 

 

1日の金曜日、お茶をするだけのために外出しました。

何の予定も入れず、ついでの用事も作らず

とにかく自分のためだけ、スペシャルな時間を作ろう!と。 

 

買い物や、好きなものを食べるとか

そういうことも大事だけれど

もっと自分をよく知ることも(私には)必要なのではないか

そう思ったのです。

思いついたことが、お茶をしながら自分の望むことや、今の思いを書き出すことでした。

 

静かになれるカフェ(某チェーン店)に行って

黙々とノートに書きだしました。

 

・やりたいこと、ほしいもの

・やりたくないこと、やめたいこと

・今の気持ち

などを思いつくまま書き出します。

 

・やりたい(欲しい)のにできていない理由

・やりたくないのにやっているのはなぜ?

・改善できないか?

・今気になっていることから、どうしてそう思うのかを掘り下げる。

こんな感じで、「どうして?」の部分に、何かがあるのではないか

本心が隠れているのではないかと探ってみました。

 

時々自宅でもやるのですが、外でやってみると特別感があって、良かったです。

 

その結果、

・要らぬ思い込みからの罪悪感

・「専業主婦はこうあるべき」という考えに縛られていた

・今感じる不安からは、どうしていつも同じことで不安を感じるのだろう、と書き出した結果

 幼い頃の「誰か愛情をください」という思いが大元ではないか、というところにいきつく(=不安感は勘違い)など

心の整理ができました。

 

おかげで不安感も減少し

私は大丈夫だ、と思えてスッキリしました。

 

その後 届いたメッセージ

 

スッキリしたおかげか、楽しい休日になりました。

そして様々な形で、我が家にメッセージが届きました。

 

土曜日 ふと近くの神社に行きたくなりました。

そこで引いたおみくじが「大吉」。

「願いが叶う」と書いてあって、大喜びでした。

(「旅行:遠くが吉」とも!沖縄に行けってこと!?)

※基本的に、占いやおみくじは 自分にとっての「いいこと」しか信じません💦

 

さらに これは、神様からのメッセージなんですね!

と思ってしまう言葉が…

 

元気一杯つとめましょう。

今日という日は再び来ない。

神の恵みの御光の足り充ちて、生き生きと生きて輝く楽しい日柄。

暗い思い淋しい思いは、朝の拝信の柏手の音に打ち消して、

すがしい気持ちと朗らかな思いで、楽しく、倖せに過ごして参りましょう。

 (おみくじ裏のメッセージ)

ありがたいので、おみくじを連れ帰り、大事に保管しました。

次におみくじを引く時、神社に結んできます。

 

ちなみに夫は「小吉」。

夫は夫で、今必要なメッセージがあったそうです。

神様は、見ているんですね。

 

その帰りに発見したカフェに入ると

「今日を楽しもう!」という言葉が書いてあったのです。

 

帰宅してポストを覗くと

知人から届いたはがきに

「本気になると未来が開ける」という言葉が。

(そういう言葉があらかじめ書いてあるハガキ)

 

見てますね?神様。

そうですね、「今日」は一度しかない、貴重な日ですね。

モヤモヤしている場合ではなく、

沈んでいる場合でもありませんね。

毎日を気分よく過ごすのが一番ですね。

やりたいことに、本気になってみます。

本気で望みます。

  

メッセージありがとうございます。

   

子供の頃は「神様に上から見られている」とドキドキしたこともあったけれど

なんとなく「神様は側で支えてくれている」存在なのではないかな

と心が温かくなり、ありがたく感じた週末でした。

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました(*^-^*)