スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

新たな挑戦、超簡単「黒糖しょうがくるみ」を作りました。

こんにちは、スローリーです。

 
自己紹介は はじめに をごらんください。 

 

f:id:slowly-happy:20190112173211j:plain 

寒いですね。

こんな日は、家でぬくぬく過ごすのが一番。

 

今日は、新たな挑戦!

おやつを作ってみました。

と言っても、超簡単なものですが、私には珍しいことです。

 

現在、漢方薬局で食事の指導を受けています。

糖質を減らし、たんぱく質を多く摂るように心がけています。

昨年の我が家の流行語大賞は「たんぱく質」。

主治医にも夫にも言われ過ぎて、耳にタコが連なっています。

 

昨年から、砂糖と小麦粉はなるべく控えるようにしてきました。

特に、白い砂糖は減らす方が良いとのことで、家庭では使っていません。

絶対食べない!というわけではなく、特別なイベントの時は食べたり、

外食や友人との食事などは気にせず食べています。

(年始はアイスも食べました。) 

 

休日の間食用に、何か良いものはないかと考えていました。

私は間食を多く摂ると、次の食事があまり食べられなくなってしまうので

軽いお茶うけ程度のものがいいなぁ、と思っていました。

 

そんな時、「黒糖しょうがくるみ」を知りました。

とっても簡単なので、私にも作れます。

 

材料

・くるみ 50グラム

・粉の黒砂糖 50グラム

・しょうが汁 大さじ1

・水 適量

 

作り方

①くるみを乾煎りする。

②鍋に黒砂糖・しょうが汁・水少量を入れて加熱する。

③ ②にくるみを入れて混ぜる。

④クッキングシートに広げて冷ます。

 

これだけです。

 

素晴らしい組み合わせのおやつでした。

 

調べたところ、薬膳では

・くるみは腎臓の働きを高め、腰痛や冷えに効果がある。

・黒砂糖は胃腸を温め、血流を改善する。

・しょうがは身体を温め、気や血液の流れを良くする。

だそうです。

いいですね!

 

腰痛持ちの夫にも、冷える私にも、とっても良い組み合わせです!

しかも、くるみが大好き♪

ちょうど材料が家にあります。

というわけで、早速作ってみました。

 

f:id:slowly-happy:20190112173718j:plain

冷ましているところです。
 

くるみに対して、黒砂糖の量が足りなかったので、少々薄くなりましたが、

初回にしては上出来です。

 

本当は、もう少し黒砂糖が主張した『かりんとう』みたいになる予定でした。

次は黒砂糖を買ってきて、分量通りに作ります。

(どうしても今日食べてみたかった)

 

分量通りでなくても、じゅうぶんおいしくできました。

夫も気に入ったようで、減りが早いです。

 

家事にやる気が出て数日。

興味を持つと、色々な情報が入ってくるものですね。

ちょっぴり楽しくなった、今日の出来事でした。