スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

「みんなそんなに頑張ってない」と「みんなも頑張ってる」

こんにちは、スローリーです。


自己紹介は はじめに をごらんください。

主治医との出会い・病気の詳細はこちらをごらんください。

f:id:slowly-happy:20190307171832j:plain

懐かしい写真を発見!うっとり✨
 

 

 

限界を超えていた頃

 

今でこそ手抜きバンザイの私ですが

現在の主治医と出会う前は、

「人の何倍も頑張って、やっと人並みなんだ」とか

「みんなはきっと私以上に頑張ってる、私も頑張らねば」と

本気で思っていました。

 

www.slowlypace.com

 

主治医とのカウンセリング中に、もっと楽をするよう勧められても

自分だけ楽をするなんて許されないと思っていたし

みんな頑張ってるのに…と

同じやり取りを何度も繰り返した記憶があります。

 

後になって聞いた話ですが

当時の私は限界を通り越した状態で(だから病気になったのですが)

まず心を楽にしなければ、と思ったそうです。

 

確かに自分でも、それまでよく普通の顔で生活していたなぁ

と感心してしまいます。

主治医には感謝、感謝です。

 

www.slowlypace.com

 

「みんなそんなに頑張ってないよ」で楽になった

 

そんな時、私の心を楽にしてくれた言葉が

「みんなそんなに頑張ってないよ」でした。

 

「みんなが頑張っている」のは、あなたが見て感じているだけ。

本当は、楽しんでいるのかもしれない。

本当は、あなたの見えないところでは、手抜きし放題かもしれない。

すごく頑張っている人は、そこに集中するために、緩急の付け方が上手なのかもしれない。

みんな、そんなに頑張ってないんです。

もっと、楽に生活していいんですよ。

 

あぁ、なるほど。

当時の私には、「緩む」がどんな状態かわかりませんでしたが

自分がすごく力んで生きていたことはわかったし

上手に緩急つけたいな、とも思いました。

少し力が抜けて、楽になりました。

 

「みんなも頑張ってる」でパワーをもらう

 

それからは苦しくて楽になりたい時は

「みんなそんなに頑張ってない」と思うようになりましたが

 

苦しくてパワーが欲しい時には

「みんなも頑張ってる」と思います。

 

治療や検査でしんどい時、検査結果待ちの時など

「みんなも頑張ってる」と思うだけで

パワーをもらえます。

 

よし!私も頑張る!

と 力が湧いてくるので不思議です。

 

あのブロガーさん…と思い浮かべて力をもらうことも多いこの頃です。

ありがとうございます

 

ずっと私の中にいた「みんな」って、はたして誰だったんだろう。

今は、狭い範囲の「みんな」に救われています。

  

 

忘れることもありますが、

せっかくいただいた、たくさんの言葉

いつでも携帯しておきたいです。

 

義母にも勧められていた手抜き

www.slowlypace.com

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました(*^-^*)