スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

ミッションシリーズ「すべての感情を肯定する」 心のトレーニング

こんにちは、スローリーです。


自己紹介は はじめに をごらんください。

主治医との出会い・病気の詳細はこちらをごらんください。

 f:id:slowly-happy:20190205112301j:plain

 先日の散歩で。

 

私はデジタル関係がとても苦手です。

苦手なので、普段もあまりパソコンに触れず、何かといえば夫任せです。

ブログだけは、ひとつひとつ苦戦しながら、なんとか自力で進めています。

超初心者です。

最近、見た目を変えられることを知り、色々いじって楽しんでいます。

ちょこちょこ変更したり、見にくくなっていたらごめんなさい!

(見やすく、「空」に合うものにしたいのですが…なかなかうまくいきません…) 

 

 

今日は、先日お話した、主治医からのミッションを書こうと思います。

www.slowlypace.com

 

ブログに書いてもよいものを、時々載せようと思っています。

良かったらお付き合いください。

 

目次

 

ミッション:「すべての感情を肯定する」

 

当時の私

 

私の場合は「すべての感情を否定しない」ところからスタートでした。

抑圧された環境にいたので、先生いわく

自分の感情を感じられていない状態」だったそうです。

気持ちにふたをして、無意識になんでも良い方に解釈したり

相手の感情を優先したり、相手の望む感情を表現する…

うまく文字にできませんが、伝わりますでしょうか。

麻痺しているのでそれで当たり前になっている状態でした。

 

ルール

 

ただただ、自分の感情を感じるだけ

湧いてきた感情全てを、「あぁ、私はそう感じているんだなぁ」と思うだけです

否定しません

どんなに悪い感情でも、ひどい言葉として出てきても、自分を責めたりしない。

がっかりしたとしても、それもまたひとつの感情なので、そのまま感じるだけです。

 

実践

 

最初は、わかりませんでした。

まず、本当はどう思っているか、それがわかりませんでした。

「わからない」「モヤっとする」だけでも良いと聞き、しばらくしてから

私は自分の感情に気付かないまま、過ごしていたんだ!

ということがわかりました。

それだけでも、進歩です。

 

そのうち、

友人からの頼まれごとが、本当はちょっと負担だなぁ。とか

夫が外出を誘ってくれたけど、本当は身体がしんどいなぁ。など

ほんとうに、ちょっとずつ自分の本音が見えてくるようになりました。

 

出ます、罪悪感。

罪悪感VS私 みたいになっていた時期もあります。

 

しばらくしてから、何を感じる時に、罪悪感が出てくるのかもわかってきました。

それを解決するのはまだまだ先になります。

このミッションでは、罪悪感が出たら、「それでもいい、頑張ってきたもんね

と、その罪悪感も否定せず、ただ受け止めました。

 

このミッションに繋がりのある言葉が、下の記事です。

www.slowlypace.com

www.slowlypace.com

 

先生からのアドバイス

 

人は誰でも、どんな感情を感じてもいいし

色んな感情が入り混じって生活しています。

色々な気持ちがあって当然です。

表に出さないぶん、自分だけは自分の感情を認めてあげましょう。

自分が一番の理解者でいましょう。

 

結果

 

まだ継続中です。

自分の感情がわかるようになると、心に余裕が生まれる気がします。

すべての感情を肯定していい、と思えることが、

私の場合は安心感→心の余裕につながったのだと思います。

 

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、また(*^-^*)