スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

大事な教え1・2・3 その2「2割減らして、2割増やす」

こんにちは、スローリーです。


自己紹介は はじめに をごらんください。 

 f:id:slowly-happy:20190130161340j:plain

今朝の空です。

 

 

現在の主治医から学んだ「大事な教え1・2・3

昨日は その1 でした

www.slowlypace.com

 

 

今日は その2 です。

  

目次

 

その2「2割減らして、2割増やす」

現在、漢方薬局で食事の指導を受けています。

www.slowlypace.com

 

我が家は和食が中心で、食生活自体は問題がないそうですが

私の場合は、「血」がとても足りないので

血の原料となる「タンパク質」を多く摂ること、

食事量が全体的に少ないので、

糖質を減らしてタンパク質を増やしましょう、という内容です。

 

その時に、

 

「一度に大きく変えようとしないこと。

 2割ならいけそう、と思ったら、ごはんを2割減らして

 肉や魚を2割増やしましょう。

 そのくらいなら、ストレスにならずにできそうですか?」

 

と聞かれたので、2割なら楽勝かな♪

と思い、今まで継続できています。

 

ストレスをためずに改善することが、一番のねらい

 ご飯を減らして思ったのですが、2割って、案外簡単でした。

以前の私は「食べないなら食べなくていいや」というタイプだったのですが、

炭水化物は大好き。

ただご飯を減らすだけなら、お昼は小さなおにぎりだけで済ませていたと思います。

 

先生は、普段の会話から私の傾向をつかみ、

食事量が減らないように、「増やす」ことも課題に入れてくださったので、

何も言えない…。

ありがたいです。

増やすほうも、2割なら負担になりませんでした。

 

負担=ストレス になるので、負担を感じたら割合を変えた方が良いそうです。

 

今は、タンパク質を意識しながら、たまには甘い物をたくさん食べる日があったり、

翌日はごはんを抜いて調整したり、

上手にバランスを取れるようになりました。

「楽しく食事をする」ことは大事だと、常々言われています。

 

色々なことに応用できます

 

私の中では「2割」は簡単なものなので、

 

なくしたいものは2割減らし、

良いことは2割増やす

 

これを生活に取り入れています。

 

実際に取り組んだこと

・クローゼットの物を2割減らし、隙間を2割増やす

 (全体的に物が減っています)

・日頃のお菓子を2割減らし、ナッツを2割増やす

 (結果、日常的におやつを食べなくなりました)

・白米を2割減らし、押し麦を2割増やす

 (麦ごはん好きです)

・不快な思考を2割減らし、楽しいことを考える時間を2割以上増やす

 (習慣づけている最中です)

・座っている時間を2割減らし、動く時間を2割増やす

 (ソファー・椅子の生活にしたら、動くようになりました)

 

これからは

外出の時間を、2割増やしたいな、と思っています。

他にも色々、楽しいことを2割増しにしたいです。

 

 

楽しいアイディアがありましたら、ぜひ教えてください☆

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、また(*^-^*)