スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

入院・手術(卵巣嚢腫)のまとめ~お金・保険編~

こんにちは、スローリーです。


自己紹介は はじめに をごらんください。

主治医との出会い・病気の詳細はこちらをごらんください。

 

f:id:slowly-happy:20190215152814j:plain

 

 

私が最近経験した、2回の手術・入院についてまとめています。

持ち物編

婦人科の治療まとめ 

日程編①(入院・手術当日の話)

日程編②(手術翌日~退院の話)

入院中の過ごし方編

 

今日は お金・保険編 です。

長くなりますが、良かったらお付き合いください。

※病気の話が苦手な方はご注意ください。

 

緊急入院・手術は何かとかかる

 

過去を振り返ると、計画的な手術・入院は1回だけでした。

病気は突然のことなので、仕方がないのですが

緊急だとあらかじめ用意ができないため、色々とお金がかかりました。

 

入院中にかかったもの

手術に必要なものは、病院側が用意してくれた

 

着圧ソックスなど、手術で必要になるものは病院側で用意してくれました。

後で請求されます。

 

必要なものはほとんど売店で用意

 

詳しい持ち物は「持ち物編」をご覧ください。

買い物は全て夫任せ、すぐに必要なものばかりなので

ほとんどの物を病院の売店で揃えました。

売店は結構高いです💦

6000円程度かかりました。

 

夫の食事・クリーニング代

 

普段は、朝・夕食は一緒に食べ、お昼はお弁当を持参している夫です。

私が入院すると、仕事は通常通りですが、帰宅後の家事や私の見舞いなどがあるため

大変だったようです。

食事は外食中心、仕事が忙しい時は、朝食もコンビニを利用していました。

休日の朝と夜だけは、自分で簡単なものを作っていたようです。

 

夫がスーパーで買ったもの

・うちのごはんシリーズ

・カット野菜、もやし、豚肉、豆腐

・インスタント味噌汁

(冷蔵庫に残っていた野菜・肉類も使ってもらいました)

 

夫のお昼代はお小遣いから出しているので

その他かかったお金は 5000円程度 だったと思います。

 

ワイシャツは通常私がアイロンをかけていますが、

入院するとクリーニングになります。

 

 クリーニング代は 1500円程度です。

 

私が頼んだもの

 

持ち物の他に

ペットボトルの水、お茶、雑誌を頼みました。

下着(上下)は無印良品で、会社帰りに買ってきてもらいました。

6~7000円程です。

 

私が入院中に買ったもの

 

持ち物リストにも書きましたが

ペットボトルの水 数本

雑誌1冊 です。

1500円もあれば、おつりがきました。 

 

入院費

 

開腹手術(入院10日間)の費用

 

入院・手術代が約24万円でした。

高額療養費制度を使いましたが、月をまたいだため

限度額を2ヶ月分で16万円程支払いました。

領収書などは全て確定申告で提出してしまったので、詳しいものは手元にありません。

ざっくりした金額でごめんなさい。 

 

腹腔鏡手術(入院5日間)の費用

 

入院・手術代が約18万円ですが、高額療養費制度を使ったので

自己負担額が83439円(収入によって変わります)

病衣代   800円

食事代 3600円

合計  87839円 でした。

 

月をまたがない方が良い

 

開腹手術の時(1回目)は、入院期間が

月末4日間+月初5日間 というお金のかかる入院期間になりました。

仕方がないのですが、出費増です。

ひと月内で入院・手術・退院できると出費が抑えられます。

 

高額療養費はその月の月初~月末で区切られているので

倍かかってしまいました。詳しくは次の項目です。

 

高額療養費

 

医療費が高額になった時、申請すると自己負担限度額を超えた額が払い戻される制度です。

あらかじめ医療費が高額になりそうだ…とわかっている場合は

前もって申請しておくと「限度額適用認定証」を発行してもらえるので

保険証とともに病院に提示すると、1ヶ月(その月の1日~末日)の窓口での支払いが高額にならずに済みます。

(私の1回目の入院のように月をまたぐと、各月分の限度額を支払うことになります。)

※病衣・食事代・差額ベッド代などは対象外です。

 

私は緊急だったため、入院中に「限度額適用認定証」が手元になく

病院に申請中だと伝えると「次回の外来時に支払う」という処理をしてくれました。

 

※急ぎの申請だったので、申請用紙は速達で出しました。

↓速達郵便について

(サイトには「赤線」と書いてありますが、私は「速達」と赤字で書きました)

www.post.japanpost.jp

 

収入によって限度額が変わります。

申請方法など詳しいことはこちらのサイトをご覧ください。

www.kyoukaikenpo.or.jp

 

退院後かかったもの

 

買い物を楽にするために

 

線維筋痛症の時、買い物に行けなかった経験を活かし

ネットスーパーやamazonを利用しました。

便利な世の中で良かったな、と思いました。

 

送料がかかりますが、玄関先まで温度管理をされた状態で届くので、とっても助かりました。

買い物に行けても、かさばるもの、重たいものなどを持ち歩くのは負担になるので本当にありがたい存在です。

今でも時々利用しています。

 

www.iy-net.jp

 

>イオンネットスーパーはこちら

 

↓amazonフレッシュ

ネットスーパーがいっぱいの時、amazonに助けられました。

肉も野菜も、温度管理されて届きます。新鮮でした。amazonから野菜…と不思議でしたが…

 

 

料理を楽にするために

 

あまり長い時間立っていられなかったので(傷口の痛みと、貧血)

最初はネットスーパーのお惣菜や、コンビニのお弁当に頼ったこともあります。

休日は夫に作ってもらったり

少し動けるようになってからは、カット野菜を使いました。

洗い物が減るし、ごみ処理などの負担も減ります。

 

食器の量が少なくても、食洗機を使うなど、できるだけ負担を減らしました。

 

しばらくは、ここに

普段の食費+1万円程度かかりました。

 

これおススメです!

毎日違う味や組み合わせを選べて、楽しかったです

 

お見舞いへのお礼

 

義父母からは現金とお菓子など、

友人数人からは紅茶やお菓子、温めグッズなどのお見舞いをいただきました。

 

義父母には3000円程度のお酒(清めるという思いも込めて)

友人には1500円程度の消耗品を贈りました。

改めて、お見舞い・お礼編 で書く予定です。

 

↓友人に好評だったもの

 

 

1回目の入院で、下着などの用意を手伝ってくれた友人には

スターバックスのギフト券(5000円)を贈りました。

www.starbucks.co.jp

 

生命保険

入院中に書類(保険会社専用の診断書)を取り寄せ、退院後の検診時に病院に提出しました。

2週間後くらいに取りに行きました。

10800円(税込)かかります。

(病院や、書類の様式によって変わります)

病院の様式でも可能な場合は、入院中に窓口で申請し、退院時に発行してもらえることもあるそうです。

(急ぐ必要はありませんが、私は病院に行く手間を減らしたかったです)

 

私は共済保険に入っています。

1回目は13万円

2回目は8万円が給付され、とても助かりました。

 

共済は掛け金が少ないし割戻金があるので、年間の支払額はとても低いです。

そのぶん保障も限られていますが、高額療養費があるので

過度に心配して高額な保険に入らなくてもいいのかな、と思っています。

病院代以外にもお金がかかったので、給付金はありがたかったです。

 

最後に

 

入院や手術は、心身ともに負担がかかるので

少しでも楽に過ごせるように、自分を甘やかしました。

お金はかかりましたが、長い人生でほんのわずかな時間だし、何度もないことだし!

と割り切りました。

 

いざ入院となると、自分も家族も慌ててしまうので

どこに何があるか家族で共有できていると、何かとスムーズです。

特に、保険証券は普段使いませんが、保管場所や、それぞれの保険などを知っておくと急な時にとても助かると感じました。

わが家は最近、病院関係の引出しを作り、お薬手帳や、手続き関係の書類をまとめてみました(保険証券は、別の場所に保管です)。

わかりやすくて良いみたいです(*^-^*)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。