スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

「楽なほう」ではなく「楽しいほう」を選ぶ~カウンセリングで学んだこと~

こんにちは、スローリーです。


自己紹介は はじめに をごらんください。

主治医との出会い・病気の詳細はこちらをごらんください。

f:id:slowly-happy:20190410143002j:plain

今日は寒いですね。

 

  

最初は自分を出せなかったカウンセリング

 

漢方相談に通って、しばらく経過したころ。

自分の深い部分を話せずにいた私に、先生が言いました。

「私を信じてください。

 信じていい、という証明はできないけれど、

 私を信じて、何でも話してください。」

本格的なカウンセリングは、ここから始まったのだと思います。

 

私は先生を信じていたけれど

全てを打ち明けられるほど、心を開いていなかったのだと思います。

今ふり返ると、自分自身を信じていなかったので

誰のことも、心から信じていなかったのではないかな、と思っています。

 

先生の言葉は、そんな私を見透かしているように感じました。

本当に少しずつでしたが、心に抱えていた重たいものを話すことができました。

次々と先生に渡し、処分してもらうような時間が続きました。

www.slowlypace.com

 

時には厳しいミッション

 

ミッションをたくさん書こうと思っているうちに

どんどん時間が流れてしまっていますが(のんびり書きます)

時には私には厳しいミッションもありました。

正直言って、先生が鬼に感じるほど、苦しいこともありました。

 

先生は、私の努力で改善できることに関しては

簡単に薬を処方してくれません。

私は早く楽になりたいのに。

でも、本当に本当に、頑固な先生のおかげで

心や考え方、受け止め方など様々なことを改善することができています。

 

本当に優しい先生って、こういう先生のことを言うのだな、

そう心から思っています。

(現在進行形のものもありますが、奮闘中です)

 

大きな学び

 

カウンセリングでは(私の場合です)

古く、不要な考え方や習慣を捨て

新しく自由なものに書き換える

という作業を繰り返してきました。

 

心からのびのびすること、

「私」を認めること、

自分をまず幸せにすること、

毎日を心地よく過ごすこと

などなど、たくさんの学びがありましたが

 

中でも、毎日を生き生きと過ごすために大事なことがあります。

 

それは

「楽なほう」ではなく「楽しいほう」を選ぶこと。

 

楽なほう は、一見快適に感じるけれど

楽しい結果になるか、快適な結果になるか、と言えば

そうとは限らないことが多かったです。

私の場合、楽なほうを選ぶと、ただの怠慢だったり、惰性だったり

実践の結果、モヤモヤが残ることが多々ありました。

 

楽しいほう を選べば、

楽しみながら自分を成長させることができる。

ちょっとくらいしんどいことが発生しても

楽しいことだから、苦にならず進めていけるし

楽しめるように自然と改善したり、

なんだか良い方向に進める気がします。

結果が全然違いました。

 

楽しいほう=心地よいほう

でもあります。

 

できないことがあると、考える

 

楽なほうを選ぶと、ものごとを中断しがちな私です。

「できない」時は仕方がない、と思っていました。

でも、最近は一旦立ち止まり

できない理由を見直します。

 

体調や身体的理由、心が不安定だったり、

そんな理由だったら迷わず中段しますが

「楽だから」の時は、続けた先に待つ景色を考えると

またやる気が湧き、再開できるようになりました。

 

生活の変化

 

この学びは、家事に対する姿勢を大きく変えてくれました。

家事は嫌いじゃない、どちらかと言えば好きだけど、とても億劫でした。

こまめに掃除をすればいいのはわかるけれど、継続できなかったり。

 

ミッションの中で

「やりたくないことを やめてみる」もあったのですが、

家事はやっぱり続けたいな、と思って自分なりに楽しんでいたつもりです。

www.slowlypace.com

 

「楽なほう」ではなく「楽しいほう(心地よいほう)」を選ぶこと

を学んだ時

自分が心地よいのは、ある程度きれいを保ち、整った部屋で過ごすことなんだ。

と気付いて、自分の為に家事をするようになりました。

 

今では月1回の換気扇掃除が「らくらく」に変わりました。

夫が率先してやってくれたらなぁ~

なんて思っていたのに!

 

家事に対する気持ちの変化は

私の日常を楽しむ方向に変えてくれています。

家事も、趣味の時間も、全て私の時間です。

楽しくできるかどうかは、自分次第なのだと、つくづく感じています。

 

とにかく「今日」を楽しく過ごしたい。

食べることも

家で過ごすことも

寝る時だって

自分の時間を全部「楽しかった!」でいっぱいにしたい。

 

そんな気持ちで生活していたら

きっと、ちょっとつまづいても、

それですら「楽しいこと」になりそうな気がします。

 

充実感のある毎日に感謝。

大事なことを教えてくれる先生、

いつも支えてくれる夫に感謝しています。

 

さて、これから羊毛フェルトに取り掛かります。

手の調子で、休んだり作ったり

少しずつですが、進んでいます(*^-^*)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。