スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

過去の辛い経験は、今 幸せを感じるためにあった と感じた今日

こんにちは、スローリーです。


自己紹介は はじめに をごらんください。

主治医との出会い・病気の詳細はこちらをごらんください。f:id:slowly-happy:20190310174904j:plain

今日の心はこんな感じ


※過去のトラウマ・ネガティブな話が出ます。直接的な表現は避けていますが、心の調子の悪い方、苦手な方はご注意ください。

 

  

幸せを感じた今日

 

年度末で超多忙な夫。

今日は久しぶりにゆっくり休めるので、朝寝坊をして、好きな朝食を食べ

散歩に出かけました。

 

お気に入りのパン屋さんは、タイミングが悪くて、お目当てのパンは売切れ。

残念だな~と思う一方で、がっかりする私たちがおかしくて笑ってしまいました。

スーパーで夕飯を考えながら食材を選んだり

明日からのお弁当にリクエストがないか、聞いてみたり。

そんな普通の休日がとても幸せで、本当に幸せで

そうなると、何でもないこと全てに幸せを感じます。

 

ふと、

今 些細なことに幸せを感じられるのは

病気で動けない時期があったり

過去の辛い出来事があったから ではないか。

と思いました。

 

色々と思い返してみて

出来事そのものは辛いし、とても苦しかったけれど

もし私にその出来事がなければ、今こんなに幸せを感じられていないかも。

 

そう思ったら、過去の全てを肯定できました。

ずっとずっと、思い出しては苦しかったことを。

やっとです。

 

私は、過去の辛い出来事を何度も思い出し、苦しくなっていた時期がありました。

最近はだいぶ落ち着いてきて、この時期過去記事「理解しなくていい、尊重しよう」を境に

「そんなこともあったけれど、もう大丈夫」と思えるようになっていました。

 

主治医のカウンセリングや、様々なミッションを通して心を改善したり

夫や友人の支えがあってだいぶ良くなっていましたが

なかなか過去を肯定することはできなかったんです。

 

だから、「あなたの経験は、いつかきっと役に立つ」

と言われて病気の話はできても

過去について、ちゃんと書くことはできませんでした。

 

過去の出来事

 

もしかしたら、同じようなことで苦しんでいる方がいるかもしれないので

思い切って私が経験した一部を書いてみます。

 

私は、実母を知りません(親は離婚しました)

今までブログに書いてきた「親」は、実の父親と、継母です。

母子手帳は無いので、詳しい出生についてはよくわかりません。

 

継母から受けたひどい行為は、本当に自分でもよく生きていたと思うことばかりです。

それでも私の母親だから、良く思いたい、愛されたい、でも辛い、その間で苦しい思いをしました。

他の身内から、女子であるがゆえに、ひどいことをされても、助けを求めることはできませんでした。

苦しい時に助けてくれると思った父親には助けてもらえず、子供の頃から人生終わったと諦めていました。

私だけが幸せになるなんて、許されない。

家では感情を出すことは許されず、親が望むような感情しか出してはいけない環境でした。

 

それでも、良い成績を取り、委員長などをやっていれば認めてもらえる。

私が生きていくには、それしか方法がなかったので、とにかく頑張っていました。

 

働き出してからは、給料を没収されていました。

でも、それが正しいと思っていたので、苦しいと思う反面、当然のことだし、

家のことは誰にも言ってはいけない、と無意識のうちに隠して生きていました。

 

肯定できたら楽になった

 

嫌なことに蓋をするように生きてきた、と気が付いたのは

現在の主治医に出会ってからです。

www.slowlypace.com

 

少しずつ気持ちや行動が変化していきました。

 

具体的な例をあげると

幼いころから容姿を否定され続けていたので、鏡を見るのが嫌でしたが、

今ではちゃんと鏡を見ることができます。

服を買ったり、試着をすることにも抵抗がなくなりました。

 

ブログにも書いてきたと思いますが

心が変化したことで、体調も良い方に変わっていきました。

 

辛い経験をした方は、たくさんいると思います。

(もちろん、辛い経験なんて、無い方がいいに決まっています)

病気でもなんでも、一人ひとりがそれぞれの思いを抱えて生きています。

程度の重さなど、比較なんてできません。

 

だから簡単に「いつか過去を肯定できますよ」とは言えませんが、

 

長い時間はかかりましたが

私は肯定できて、その結果とても楽になりました。

辛い思い出が多い中、良い思い出もちゃんとある。

もう、思い出しても過去の沼にはまることはないかな、と思います。

この先を楽しいことでいっぱいにしてみたい、と思えるようになりました。

 

過去の出来事は、今まできちんと書けませんでした。

文字にすると、過去の感情がよみがえってしまい、苦しくなっていたからです。

でも肯定できたので、

ただの経験の一部になり、距離を置いて見ることができるようになりました。

更に、辛いことも頑張って越えてきたんだな、と自信につながりました。

 

友人に

小さなことに幸せを感じられるのは特技だ、

と言われます。

 

あまりピンときませんでしたが

それはきっと、過去の経験からのプレゼントではないかと

今日 思いました。

全てを理解し、支えてくれる夫との出逢いは、

最高のプレゼントだった とも思いました。

www.slowlypace.com

 

私の過去を全て知っている人は

主治医と夫だけです。

これからもそれは変わりません。

でも、今日はブログに主要な部分を書いてみよう、と思いました。

 

こんな経験があったけれど、楽になりました、と。

 

様々な方の助けがあって、暗闇から明るい場所に出ることができました。

本当に、視界がパ~っと開けたように、今は明るい気分です。

 

私を支え、助けてくれた言葉を、これからも綴っていこうと思います。

誰かの心の中でお役に立てたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました(*^-^*)