スローリーの記録

婦人科系の病気や線維筋痛症の時に支えられた言葉、治療の話などを綴っています。

【スポンサーリンク】

「ゆっくり、ひとつずつ」マイペースがいちばん。

こんばんは、スローリーです。


自己紹介は はじめに をごらんください。

主治医との出会い・病気の詳細はこちらをごらんください。

f:id:slowly-happy:20190210211739j:plain

いつかの海

 

 

心や身体の調子がいまひとつだと、自分のペースも乱れがちになります。

焦ったり、ちょっと頑張ってみようか!なんて、無理をしたり。

 

そんな時は

「ゆっくり、ゆっくり」

と、色んな人からの言葉を思い出します。

 

 

「ゆっくり、ひとつずつ」主治医から

 

きっと主治医は、私がゆっくりペースが快適だと、わかっていたのでしょう。

カウンセリング中に

 

「人は、自分に合ったペースが快適。

 速いのがいい、遅いのが悪い、そんなことはありません。

 それぞれに良さがあります。

 効率的にやらなくてもいい、

 道に迷って遠回りしてもいい。

 あなたが快適だな、と思うペースを見つけてください。

 ゆっくりが快適なら、それがいいんですよ。

 ゆっくり、ひとつずつ。

 同時に複数やらなくていい。

 ひとつずつですよ。」

 

と言われました。

この話を聞いた時、私ののんびりが許された気持ちになりました。

 

「ゆっくりね、焦らずだよ」友人から

 

体育会系の親友は、いつも要領が良くて、行動が速くて憧れの存在です。

いつだって彼女は、のんびりな私を待っていてくれます。

遠い場所に住んでいるから、滅多に会えないけれど

いつもLINEや手紙には

「ゆっくりね、焦らずだよ」

と書いてあります。

ありがたいです。

会話のペースだけは、ゆっくりな友人です。

会って話すとホッとします。

 

「ゆっくりでいいよ」夫から

 

いつも焦りそうになると、声をかけられます。

今日も外出先で「ゆっくりでいいよ」の一言。

片付けが遅くても「ゆっくりでいいよ」

いつだって「ゆっくりでいいよ」

この一言に、いつも助けられています。

 

ゆっくり、ひとつずつ、のんびり。

いいですね。

 

自分に合わない「全力疾走」ばかりだったので

もう二度とそのペースには戻らないぞ!と決めて

のんびり、できるだけマイペースを守るようにしています。

 

これからの私はのんびり、快適に。

要領悪くてもいい、ひとつずついこう。

できれば、丁寧に進めたいけれど、それはその時の気分次第。

私なりの速度で、私なりの景色を楽しみながら進もうと思っています。

 

ブログの更新も、ゆっくりゆっくり。

マイペースで進みます。

というわけで、こんばんはの時間に更新してみました。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

おやすみなさい☆